芸人・タレント

【ぐるナイおもしろ荘2024】出演芸人が決定!今年のブレイク芸人は誰の手に!?

日本テレビの大みそか恒例となっている『ぐるナイおもしろ荘』が今年も放送が決定。

今年もオーディションで選ばれた12組がネタを披露し、ネクストブレイクの称号を1組が手にします。

そこで今回は、『ぐるナイおもしろ荘2024』に出演する芸人12組についてまとめました。

『ぐるナイおもしろ荘』とは

引用:Twitter

『ぐるナイおもしろ荘』はバラエティ番組『ぐるぐるナインティナイン』のコーナーで、正式名称は‟おもしろ荘へいらっしゃい!”です。

そんな『ぐるナイおもしろ荘』は2007年5月から放送がスタートし、‟おもしろ荘”という架空のアパートに住む芸人がネタを披露し、ナインティナインの2人とゲストがそれを鑑賞するというスタイルです。

因みに、『ぐるナイおもしろ荘』は当初はレギュラー放送でしたが、2010年以降「ゴチになります」など他のコーナーが定着し始めたため、2010年以降は年明けの新春特別番組として放送され、2012年以降は優勝が決定されるようになったこともあり、賞レース的な感じで若手芸人の登竜門とも言われています。

そんな『ぐるナイおもしろ荘』では、レギュラー放送時代から多くのブレイク芸人を輩出しており、優勝しなくても出演するだけで知名度が一気に上がり、その後ブレイクする芸人も多く存在します。

『ぐるナイおもしろ荘』でブレイクした芸人

若手芸人の登竜門でもある『ぐるナイおもしろ荘』は、レギュラー放送の時からブレイク芸人を輩出しており、中でも有名なのが

  • 2007年:小島よしお
  • 2008年:オードリー
  • 2008年:柳原可奈子

さんです。

中でもオードリーは、春日俊彰さんの気持ち悪いキャラと『トゥースッ!』のフレーズが受けてブレイクすると、2009年から大人気ラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』がスタートし、その人気は現在も衰えることを知らず、2024年2月には芸人としては最高規模となる『オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム』を開催するなど、若手芸人にとって憧れの存在となっているのです。

https://twitter.com/hira_rin_/status/954960337085726721

さらに2012年の賞レース化以降も、優勝したおかずクラブやブルゾンちえみ、ペコパなどがブレイクしており、優勝者以外にも‟あばれる君や‟なすなかにし、やす子や‟ぱーてぃーちゃんなど多くの芸人がブレイクに至っています。

『ぐるナイおもしろ荘2024』出演芸人12組

若手芸人の登竜門として、毎年大みそかの放送を楽しみのしているファンも多い『ぐるナイおもしろ荘』。

2023年は日本テレビ開局70周年を記念して、「日本テレビ開局70年特別番組 笑って年越し!THE 笑晦日」が約10時間に渡って放送され、その中で『ぐるナイおもしろ荘 今年も若手にチャンスを!!誰か売れてスペシャル』が放送されます。

ぐるナイおもしろ荘 今年も若手にチャンスを!!誰か売れてスペシャル

■放送日:2023年12月31日(日)午後11時45分~深夜2時

■MC:ナインティナイン

■ゲスト:あの、有吉弘行、志尊淳、出川哲朗、浜辺美波、やす子

そんな今年の『ぐるナイおもしろ荘』では、オーディションに参加した1139組の中から勝ち抜いた12組がネタを披露し、バラエティに富んだメンバーでも注目を集めているようです。

ここでは、ぐるナイおもしろ荘に出演する12組の出演芸人についてご紹介していきます。

出演芸人①橘井と小池

引用:Twitter

※左:橘井優輝、右:小池将也

『橘井と小池』は、ワタナベコメディスクール27期生の橘井優輝さんと小池将也さんから成る2018年結成のお笑いコンビで、小池将也さんの独特なキャラクターを生かした漫才で知られ、これまで「ウチのガヤがすみません!」や「ぴったり にちようチャップリン」などに出演し、M-1グランプリにも結成以降、毎年出演していますが、残念ながらほぼ1回戦で敗退しています。

【橘井と小池のM-1グランプリ出演履歴】

  • 2018年08月 1回戦敗退
  • 2020年08月 1回戦敗退
  • 2020年09月 1回戦敗退
  • 2021年08月 1回戦敗退
  • 2021年10月 2回戦敗退
  • 2023年08月 1回戦敗退
  • 2023年09月 1回戦敗退

そんな『橘井と小池』は現在、下北沢などでのライブを中心に活動しているようです。

出演芸人②じぐざぐ

引用:Twitter

※左:阿部未来 右:ジャンプ

『じぐざぐ』はプロダクション人力舎に所属する、ツッコミの阿部未来さんとボケのジャンプさんから成る2010年結成のお笑いコンビで、これまで「ヒルナンデス!」や「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」などバラエティ番組に出演しており、M-1グランプリでは2019年と今年2023年に準々決勝へ進出しています。

そんな‟じぐざぐはダジャレ替え歌を多用した漫才を売りにしており、夏木マリさん公認の”楽しい漫才の、はじまりはじまり、夏木マリ!”でも知られています。

出演芸人③シンクロニシティ

引用:日刊SPA!

※左:西野諒太郎 右:よしおか

『シンクロニシティ』はボケの‟よしおかとツッコミの西野諒太郎から成る2017年結成の男女お笑いコンビで、2023年4月まで社会人と芸人との二足の草鞋で活動していたのです。

そんなシンクロニシティは2022年のM-1グランプリで準決勝まで進んだ実力コンビで、今後が多いに期待されています。

出演芸人④戦慄のピーカブー

引用:Twitter

※左:いしはらあゆむ 右:渋木プロテインおやじ

『戦慄のピーカブー』は‟いしはらあゆむさんと、渋木プロテインおやじさんから成る2021年結成の男女お笑いコンビで、いしはらあゆむさんのソフトなツッコミに対し、渋木プロテインおやじさんが無表情でボケ倒すというスタイルで人気急上昇中となっています。

そんな戦慄のピーカブーは今年2023年のM-1グランプリでも準決勝に進出し、水曜日のダウンタウンの賞レース企画『30-1グランプリ』にも2年連続で出演するなど、新星として今後が多いに期待されています。

https://www.youtube.com/watch?v=GP_2l-C2bqU

出演芸人⑤ツンツクツン万博

引用:モデルプレス

※左:内藤孔佑 右:ガイ

『ツンツクツン万博』はグレープカンパニー所属する内藤孔佑さんとガイさんから成る2021年結成のお笑いコンビで、今年2023年に事務所のショーレース『葡萄王』で優勝を果たすと、その後も『UNDER5 AWARD 2023』で準決勝進出、『ツギクル芸人グランプリ2023』で決勝進出を果たすなど、コント師として人気を伸ばしているのです。

そんなツンツクツン万博は音響を使用したコントが多く、中でも『ピッツァマン』というネタは耳に残るリズムが特徴で、芸人の間でもブームになるほど人気を集めています。

出演芸人⑥猫怪獣

引用:Twitter

※左:チュゴン 真ん中:おやま 右:きいち

『猫怪獣』はチュゴンさん、おやまさん、きいちさんの3人から成る2023年4月結成のフレッシュなお笑いトリオで、芸歴1年目にもかかわらず『ネタパレ』や『千鳥のクセスゴ』などのネタ番組で活躍しています。

そんな猫怪獣はもともとはチュゴンさんと‟おやまさんの男女コンビでしたが、2022年12月に‟きいちさんが加入し現在はトリオとして活動しています。

 

また‟おやまさんは高校時代、陸上部の400mと800mの選手でインターハイ出場経験もあり、大東文化大学にはスポーツ推薦で入学した経歴を持っています。

出演芸人⑦バッチトゥース

引用:Twitter

※左:谷村健人 右:ハリー

『バッチトゥース』はハリーさんと谷村健人さんから成る2012年結成のお笑いコンビで、浅井企画が主催するライブを中心に活動し、2022年には全国放送の『ラヴィット!』や『ぽかぽか』などに出演し、ファンからは歓喜の声が上がっています。

そんなバッチトゥースは小学校で出会い、中学・高校も毎日遊んでいたという大の仲良しで、息の合った漫才で人気を集めています。

出演芸人⑧/骨付きバナナ

引用:松竹芸能

※左:うえし 右:こうだい

『骨付きバナナ』はBARの経営としての一面を持つ‟うえしさんと、現役公務員として平日は勤務する‟こうだいさんから成る2019年結成の異色のお笑いコンビで、結成してまだ4年ですが、これまで

  • キングオブコント 準々決勝進出(2020、2022、2023年)
  • M-1グランプリ2022 準々決勝進出
  • UNDER5 AWARD 2023 準決勝進出

と賞レースで結果を残しており、コント・漫才ともにハイスペックなネタで注目を集めています。

出演芸人⑨めしあがれ

引用:M-1グランプリ

※左:ゴゾンジ岩谷 右:まんたナイスミドル

『めしあがれ』はゴゾンジ岩谷さんと‟まんたナイスミドルさんから成る2022年結成のお笑いコンビで、まんたナイスミドルさんの肉体美を生かした筋肉ネタを得意とし、現在はお笑いライブを中心に活動しています。

出演芸人⑩夜歩き

引用:Twitter

※左:山口バック 右)池田涼馬

『夜歩き』は、山口バックさんと池田涼馬さんから成る2019年結成のお笑いコンビで、2人は高校生からコンビとして活動し、2023年4月にプロデビューを果たした新星として注目を集めています。

出演芸人⑪リバーマン

引用:ワタナベエンターテインメント

※左:市川新之助 右:古川冬芽

『リバーマン』は市川新之助さんと古川冬芽さんから成る2022年結成のお笑いコンビで、2人は大正大学の演劇サークルの説明会で出会い、大学在学中の2021年にワタナベコメディスクールに入学しています。

そして2022年3月に大学を卒業し、同年9月にワタナベコメディスクールを卒業した2人は、同年10月からワタナベエンターテインメントに所属しプロとしてのキャリアをスタートしたのです。

そんなリバーマンはまだ結成1年ですが、これまでライブを精力的に行い、バトルライブでも毎回好成績を収めるなど、演劇サークル出身の演技力を生かして人気を集めています。

出演芸人⑫リンダカラー∞

引用:Twitter

※左:りなぴっぴ 真ん中:Den 右:たいこー

『リンダカラー∞(リンダカラーインフィニティ)』は、りなぴっぴさん、Denさん、たいこーさんから成る2017年結成のお笑いトリオで、もともとは小学校の同級生だったDenさんとたいこーさんで‟リンダカラー”としてコンビで活動しており、2018年には3時のヒロインやトキヨアキイと共にバラエティ番組『ウケメン』のレギュラー番組に抜擢され、2019年には単独ライブ『はりせん』を開催するなど活動していたのです。

そんな中、2022年5月に開催したライブでDenさんのファンになった‟りなぴっぴさんから声をかけたことで、トリオとしてのキャリアをスタートしたリンダカラー∞は、Denさんがカリスマキャラを演じる‟しゃべくり漫才で人気急上昇中となっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、『ぐるナイおもしろ荘2024』に出演する芸人12組についてご紹介しました。

今年も芸歴1年目のフレッシュコンビから筋肉ギャグの宝庫、そしてカリスマが存在するトリオなど、バラエティに富んだ12組の出演が決定しており、誰がネクストブレイクの称号を手にするのか楽しみです。

そんな今年のぐるナイおもしろ荘はスペシャルとして、12組のネタだけではなく過去の秘蔵オーディション映像も公開されるとして見どころが満載となっており、要チェックです!