その他

【笑点】卒業を発表した林家木久扇の後任は?新メンバーを考察してみた!

国民的人気演芸バラエティ番組『笑点』に長年出演し、‟おバカキャラ”で老若男女に愛された林家木久扇さんが、2024年3月を以って笑点を卒業することを発表しています。

そんな林家木久扇さんの笑点卒業にあたり、早くもインターネット上などでは後任予想が始まっているようです。

そこで今回は、『笑点』卒業を発表した林家木久扇さんの後任は誰になるのか?新メンバー候補についてまとめました。

林家木久扇が『笑点』の大喜利卒業を発表

引用:スポーツ報知

日本テレビ系の超ご長寿番組で日曜日の夕方から放送される『笑点』。

そんな笑点の現役最古参メンバーで歴代最長の林家木久扇さんが、2023年8月27日生放送の『24時間テレビ46 愛は地球を救う』のチャリティー笑点で

2024年3月を以って、笑点の大喜利レギュラー卒業します!

と発表したのです。

85歳の落語家・林家木久扇が27日、「24時間テレビ46 愛は地球を救う」内の「チャリティー笑点」生放送中に来年3月をもって日本テレビ系演芸番組「笑点」(日曜・後5時半)の大喜利レギュラーを卒業すると発表した。

引用:スポーツ報知

そんな林家木久扇さんは笑点スタートの2年目だった1967年10月の『若手大喜利』に初出演し、2年後の1969年11月にレギュラーに昇格すると、以降、初代司会の立川談志さんから6代目司会の春風亭昇太さんまで全ての司会者を見届け、半世紀以上にわたり大喜利メンバーとして活躍したのです。

こうして最古参メンバーとして視聴者から親しまれた林家木久扇さんと言えば

‟オバカ”キャラがトレードマークで、鉄板の木久蔵ラーメンネタを始め、‟いやんばか~ん んふ~ん、そこはお乳なの”という歌詞の脱力ソングでも知られています。

そんな林家木久扇さんは『いやんばか~ん…』というレコードまでリリースしており、15万枚を超えるヒットを記録しているのです。

世代交代が必要として引退を発表

半世紀以上に渡り、大喜利メンバーとして活躍した林家木久扇さんですが、ここ近年は桂宮治さん、春風亭一之輔さんと40代メンバーが加わったことで、

どういうことかというと、芸というものは次の世代にバトンタッチしなくてはいけません。私の座布団の芸も、新しい人にバトンタッチします!!

と、次の世代にバトンを託すことを発表しています。

こうして卒業を発表した林家木久扇さんには、卒業を惜しむ声が多く上がっています。

これまで卒業された師匠方もそうでしたが、きくちゃんのいない笑点というのが想像できません
あの与太郎キャラは他の方には務まらないですよね
ホントに寂しいですよね。お身体大事にされて、高座続けて欲しいです。

林家木久扇の後任は誰!?

24時間テレビで突然卒業を発表した林家木久扇さん。SNSでは早くも後任予想が始まっており、すでに数名の候補者の名前が浮上しています。

林家木久扇の後任候補①林家木久蔵(2代目)

引用:Twitter

まず最初に候補として挙がったのは、林家木久扇さんの息子である2代目『林家木久蔵』さんで、SNS上でも真っ先に声が上がっています。

後任は息子か?
息子さんが後任になっても、木久扇師匠の御人徳でオッケーな感じ

そんな林家木久蔵さんに対し、木久扇さん自身も息子にバトンを繋ぎたいのが本音ではないかと言われていますが、偉大な父と比べると、まだまだ人気と実力は叶わないようです。

「木久扇師匠の意中の人物はそりゃあもちろん、息子の林家木久蔵さんでしょう。ただ、人気と実力はまだまだ父親にはかなわない。人柄は申し分ないのですがね。木久蔵の名前で受けた仕事で地方公演に行ったら、会場がポカンとしていたことがザラだそうですから」(演芸関係者)

引用:日刊ゲンダイ

林家木久扇の後任候補②春風亭昇也

引用:スポーツ報知

続いて候補に挙がったのは、2022年5月に真打に昇進した『春風亭昇也』さんです。

そんな春風亭昇也さんは、現在笑点の司会を務める春風亭昇太さんの弟子で、故・三遊亭円楽師匠が脳腫瘍で闘病期間中もピンチヒッターとして登場し、弟子大喜利などにも出演しています。

また同じく春風亭昇太さんの弟子で、2021年5月に真打に昇進した春風亭昇々さんも候補に挙がっており、柳亭小痴楽さんと共に人気や知名度から日テレ制作サイドも望んでいると言われているのです。

「芸協所属で若手育成機関“成金”で才能を発揮しまくる柳亭小痴楽と春風亭昇々です。宮治もこのメンバーだった。日テレ制作サイドも人気と知名度から密かにこのメンバーを望んでいるといわれています」(前出の制作会社関係者)

引用:日刊ゲンダイ

林家木久扇の後任候補③蝶花楼桃花

引用:スポーツ報知

続いて候補に挙がったのは、女性落語家で落語界のプリンセスと呼ばれている『蝶花楼桃花』さんです。

そんな蝶花楼桃花さんは春風亭小朝さんの3番弟子で、2022年3月に真打に昇進しており、同年9月には当時脳梗塞で闘病中だった故・三遊亭円楽さんのピンチヒッターとして大喜利に登場し、彼の後任候補としても名前が挙がっていたのです。

しかしその時は春風亭一之輔さんが後任に選ばれたため、今回は大喜利初の女性レギュラーとして蝶花楼桃花さんに期待する声も多く上がっているようです。

林家木久扇の後任候補④立川晴の輔

引用:サンミュージック

続いて候補に挙がったのは、『立川晴の輔』さんです。

そんな立川晴の輔さんは立川志の輔さんの弟子で、2013年に真打に昇進したベテランで、2019年9月には三遊亭円楽さんのピンチヒッターとして笑点に出演しています。

ただ立川流は故・立川談志師匠が番組の方向性を巡って日本テレビと喧嘩別れして以来、笑点とは断絶状態となっているため、もし立川晴の輔さんが後任に抜擢されると、立川流からは50年以上ぶりの笑点レギュラーということになるようです。

関東落語界には立川流が存在するのだが、「今は亡き立川談志が番組の方向性を巡って日本テレビと喧嘩別れして以来、『笑点』とは断絶状態になっています」(演芸関係者)。

引用:日刊ゲンダイ

林家木久扇の後任候補⑤林家つる子

引用:林家つる子公式サイト

続いて候補に挙がったのは、新星の林家つる子さんです。

そんな林家つる子さんは2024年3月に真打昇進が決まっており、大学時代に全日本学生落語選手権『策伝大賞』で審査員特別賞を受賞しているのです。

ただ林家つる子さんは林家木久扇さんが卒業する3月に真打に昇進することから、昇進後すぐに笑点レギュラーに抜擢はないのではないかとも言われています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、『笑点』卒業を発表した林家木久扇さんの後任は誰になるのか?新メンバー候補について考察しました。

2024年3月を以って林家木久扇さんが笑点を卒業することで、SNSでは早くも後任予想が相次いでおり、息子の林家木久蔵さんを始め、春風亭昇也さんや蝶花楼桃花さん、立川晴の輔さんや林家つる子さんなど多くの名前が候補として挙がっているようです。

そんな笑点は林家木久扇さんの卒業を機に、メンバーや司会者も総入れ替えとも噂されており、今後の情報にも注目です。