生活

【動画】小林賢太郎の炎上したコントとは?ユダヤ人ネタの内容まとめ!

小林賢太郎の炎上,東京五輪を解任されたユダヤ人大量虐殺コントの内容,画像

2021年7月21日、東京五輪の開会式でショーの演出担当を務める小林健太郎さんが解任されました。

理由は、ラーメンズ時代のコントの内容です。

ユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)をネタにしたコント動画がネット上で拡散し、批判が殺到し解任処分となりました。

アメリカの団体からも抗議声明を発表しているとのことで、一体どんな内容なのかが気になりますね。

今回は、批判が殺到した小林賢太郎さん過去のコントの内容や、ネットの反応をまとめてみました。

【炎上】小林賢太郎が東京五輪ディレクターを解任

ことの発端は、ネット上で拡散されたあるコント動画です。

ラーメンズできるかなコント画像,ユダヤ人大量虐殺,炎上

1998年、小林賢太郎さんが当時所属していたコントユニット「ラーメンズ」のコント動画の中で、

「ユダヤ人大量虐殺ごっこをやろう」

とナチスドイツが行った「ホロコースト」を扱ったセリフがあり、ネット上で批判が殺到しました。

アメリカのユダヤ系団体「サイモン・ウィーゼンタル・センター」も、日本の報道を引用した形で「いかなる人間も、どれだけ創造的であるとしても、ナチスのジェノサイド(民族大量虐殺)の犠牲者をあざ笑う権利を有してはいない」との抗議声明を発表。

この騒動により、小林賢太郎さんは東京五輪の開会式・閉会式の演出担当を解任されました。

炎上している小林賢太郎のコントの内容とは?

問題の小林賢太郎さんのコントは、ネット上で動画が拡散されています。

コント動画とネットの反応を見てみましょう。

炎上している小林賢太郎(ラーメンズ)のコント動画

批判が殺到している、小林賢太郎さんのラーメンズ時代のコント動画がこちらです。

1998年に行われたコントの内容は「できるかな」

NHK教育番組で放送されていた『できるかな』のパロディものです。

本家なら絶対にあり得ないブラックな内容を笑いどころにしているようです。

小林賢太郎のコント内容にネットの反応は

批判している方も、コントの内容が「絶対にあり得ないできるかな」であって「こんな子ども番組ありえない!」というところが笑いどころになっていることは理解した上で発言している方が多い印象です。

いくらネタだとしても、”ユダヤ人大量虐殺”という言葉が出てきたら笑えないという声もありました。

ただ、20年以上前のネタを拾って解任まで追い込む構図を批判する声も少なからず上がっている状況です。

error: コピー禁止です。