俳優・女優

【2021年最新】観月ありさの顔が変わった?パンパンで不自然なのはヒアルロン酸やボトックス?

観月ありさの現在画像

観月ありささんの顔が変わったと話題になっています。

若い頃から現在まで抜群のスタイルを保っている観月ありささんですが、近年は顔の変化が指摘されています。

「顔がパンパン」「表情が不自然」と言う声も多く、アンチエイジング系の整形も疑われているようです。

今回は、観月ありささんの顔の変化に関する情報を紹介していきます。

観月ありさの顔が変わった?

【2021年最新】観月ありさの現在画像

2021年現在の観月ありささんの顔がこちらです。

観月ありさの2021年現在画像,顔の整形疑惑引用:フジテレビ

2021年10月15日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』に出演された際の姿です。

小顔なのは相変わらずですが、顔のパーツが突っ張っている感じがします。

観月ありさの顔が変わった画像,整形疑惑引用:PR TIMES

続いて、こちらは2021年4月19日から配信されている『ブライトエイジ』のCMでの一幕です。

「こんな顔してたっけ…?」と思ってしまいますね。

観月ありさの整形疑惑画像,2021年引用:ORICON NEWS

こちらは2021年8月31日に行われたインタビューでの様子です。

顔が不自然に突っ張っていて、目がつり上がっていて笑顔なのにちょっと怖いですね…

観月ありさの顔の変化にネットの反応は

観月ありささんの近年のビジュアルに関するネットの反応はこちら。

近年の観月ありささんの顔については、

  • 顔がパンパン
  • 表情が不自然
  • 目がつり上がってる

という指摘があがっていました。

また、そういった不自然な変化に整形を疑う声も出てきています。

観月ありさの顔がパンパンで不自然なのはなぜ?

近年、顔が変わったと言われている観月ありささん。

神田うのさんも過去に「ヒアルロン酸とベビーコラーゲンをエチケットとして行なっている」と語っていましたが、芸能人の中では若返り系の施術は当たり前なのかもしれませんね。

ここでは、顔がパンパンだったり表情が不自然になる原因を紹介していきます。

原因①ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入は、芸能人に人気のアンチエイジング治療です。

ヒアルロン酸注入の画像引用:城本クリニック

ヒアルロン酸注射とは

ヒアルロン酸を充填材として皮膚に注入することで、シワを伸ばす効果があり、骨上などに注入し、たるみを改善させるものとして使用されています。

加齢とともに皮下の組織のボリュームが低下し、皮膚の張りがなくなりたるんできた箇所などにボリュームを補うために使用されたりします。

時間が経てばいずれ体の中に吸収されていくので、一般的な持続期間は半年〜1年と言われています。

ヒアルロン酸は打ち続けること自体にリスクはないのですが、注入しすぎてしまうと不自然な仕上がりになる恐れがあるとされています。

注入を繰り返すと施術部位の変化に見慣れてしまうため、当初と美的感覚がずれてどんどん注入量が増えていく…といったリスクがあります。

観月ありささんについても、不自然に顔がパンパンのためヒアルロン酸注入を行なっているのではないか?という指摘がされています。

原因②ボトックス注射

ボトックス注射も、ヒアルロン酸と同じように芸能人に人気の施術です。

ボトックス注入の画像引用:城本クリニック

ボトックス注入とは

ボトックス注射は、過剰に働く表情筋の働きをブロックして、表情筋に伴うシワを予防する効果があります。

一般的な持続期間は通常3~4ヵ月程度なので、治療効果を維持するためには継続して治療を行う必要があります。

シワがわかりやすくなくなるため、一般の方にも人気の施術です。

ボトックス注入の画像引用:城本クリニック

ボトックス注入についても、適切な期間で容量を守っていれば問題はありませんが、大量に注入すると以下のようなリスクがあります。

  • 自然な表情が作れなくなる
  • 顔に違和感が出る
  • 頬がこける
  • 顔がたるむ
  • 唇に違和感が出る

筋肉の動きが抑えられるため、表情に影響が出やすいということです。

観月ありささんの場合も、表情が不自然だったり、頬がふっくらされているためボトックス注射を疑う指摘があがっています。

原因③更年期のむくみ

観月ありさの顔パンパン画像引用:スポニチ

観月ありささんの年齢を考えると、更年期障害の可能性もゼロではないでしょう。

更年期障害とは?

40歳代以降の男女の性ホルモン分泌量の低下が原因となる自律神経失調症に似た症候群のことを指します。

男女ともに40歳を過ぎた頃から見られる、様々な体調の不良や情緒不安定などの症状をまとめて更年期障害と呼びます。

更年期障害の症状のひとつに、顔のむくみもあげられます。

急激なエストロゲン低下により女性ホルモンのバランスが崩れて自律神経の乱れが起こり、血管収縮に影響を与えることなども一因で浮腫が起こるとされており、更年期障害の代表的な症状です。

観月ありささんも40代半ばを超えていますし、更年期障害の症状が出ていてもおかしくはない年齢です。

error: コピー禁止です。
×