映画・ドラマ

西村喜廣監督の告発内容まとめ!体罰や未成年への性暴行などヤバすぎる!

西村喜廣監督の告発内容画像,水井真希

「シン・ゴジラ」「進撃の巨人」の特殊造形プロデューサーとしても知られている、西村喜廣監督。

女優の水井真希さんが過去の体罰や未成年への性暴行などを告発したことで話題になっています。

今回は、西村喜廣監督に関する告発内容を詳しくまとめてお届けしていきます。

こちらの記事で紹介する内容は、女優の水井真希さんの告発を元にしています。

告発内容を事実と断定する意図はありませんので、ご理解ください。

西村喜廣監督ってどんな人?

西村喜廣監督の顔画像引用:FILMAGA

  • 名前:西村喜廣(にしむら よしひろ)
  • 生年月日:1967年4月1日
  • 年齢:55歳
  • 出身地:東京都台東区浅草
  • 職業:特殊メイクアップアーティスト、映画監督
  • 肩書き:有限会社西村映造の代表取締役、日本映画監督協会会員

学生時代から自主映画を制作してきたという西村喜廣監督。特殊造型、特殊メイク、撮影、照明のほか、映像制作に必要な技術を独学で習得してきました。

園子温監督とは大学生時代からの映画仲間で、これまで多くの作品の美術や特殊造形を手がけています。

2022年4月、プロデューサー作品の『ヘドローバ(2017年公開)』のメイキング映像にて児童虐待疑惑をかけられ、動画内にて「今の喧嘩のやつは、マジでやるってことは結構ありますね。で、若い子なんで、それに対して少しはリアルさを出さないと」と発言したことで物議を醸していました。

ヘドローバ子役画像
【炎上】ヘドローバの子役少年は誰?名前は住川龍珠で現在の俳優活動は?子役の少年への暴力シーンが問題となっている、2017年公開の映画『ヘドローバ』。 2022年になって大炎上していますが、子役の少年...

西村喜廣監督の告発内容まとめ

女優の水井真希さんは、2019年6月にTwitterにて西村喜廣監督の過去の暴行を告発しました。

西村喜廣監督は水井真希さんを訴えましたが、結果としては不起訴になっていました。

そして、2022年8月30日、水井真希さんは再度西村喜廣監督に関するツイートを開始。

西村喜廣監督の下で働き始めてからの雇用の実態や体罰、性暴行などについての詳細な内容が語られました。

【雇用の実態】

  • 西村喜廣氏の下で働き始めてから1年ノーギャラだった
  • 有限会社化するも月給は5万円(各種保険、交通費なし)
  • 過労とチーフからのいじめで退職&自殺未遂をした
  • 半年の休養後復帰するも日給3000円

【体罰】

  • ミスに対する体罰(ゲンコツ)は当たり前
  • 機嫌を損ねている際には殴る、罵倒する、物を壊すなどの暴力
  • 顔面を殴られて鼻血を出した際には西村喜廣氏と嫁を含めて話し合い、警察沙汰にしないという示談になった
  • その後も物を壊す、罵られる、ノーギャラの仕事等は継続的に

【性被害】

  • 未成年の頃から西村喜廣氏と肉体関係を持つようになった(当時合意の上)
  • 西村喜廣氏には水井氏以外にも複数の愛人がいた
  • 「進撃の巨人」「シン・ゴジラ」等の有名作品に参加したことから西村喜廣氏の周囲に群がる女性も増え、多数の肉体関係を持っていた
  • 19歳の少女から強制性交被害の相談を受けている

あくまでも一方からの意見ではありますが、これが事実なのだとしたらかなりエグいですね…

実際のツイートがこちらです▼

西村喜廣監督の告発内容画像,水井真希西村喜廣監督の告発内容画像,水井真希西村喜廣監督の告発内容画像,水井真希西村喜廣監督の告発内容画像,水井真希西村喜廣監督の告発内容画像,水井真希西村喜廣監督の告発内容画像,水井真希西村喜廣監督の告発内容画像,水井真希西村喜廣監督の告発内容画像,水井真希西村喜廣監督の告発内容画像,水井真希西村喜廣監督の告発内容画像,水井真希西村喜廣監督の告発内容画像,水井真希西村喜廣監督の告発内容画像,水井真希西村喜廣監督の告発内容画像,水井真希西村喜廣監督の告発内容画像,水井真希一連のツイートについて、西村喜廣監督からのコメントは発表されていません。

今後裁判沙汰などになるのか、注目ですね。

西村喜廣監督の暴露をした水井真希ってどんな人?

水井真希の顔画像引用:マシェバラ

  • 活動名:水井真希(みずい まき)
  • 生年月日:1990年8月10日
  • 年齢:32歳
  • 出身地:千葉県
  • 身長:160cm
  • 特技:アクション/ポールダンス
  • 趣味:漫画(主にジャンプ系)
  • 職業:グラビアアイドル、女優、映画監督、脚本家

十代で園子温監督の作品に触発され、映画撮影の現場を度々見学し、同監督に師事していた水井真希さん。その後はツイートにもあった通り、西村喜廣監督に師事して映像制作を学び始めました。

映画「奇妙なサーカス」や「片腕マシンガール」で現場スタッフを務めながら幽霊役で映画に初出演したのをきっかけに女優としての活動を開始。

現在は性暴力問題に関する講演活動も行なっています。