その他著名人

OSRINって誰?本名などのプロフィールや経歴を調査!

米津玄師さんの新曲のミュージックビデオを手掛けるなど、今大注目を集めるOSRIN(オスリン)さん。

そんなOSRINさんとはどのような人物なのでしょうか?

そこで今回は、OSRINさんの本名を含むプロフィールや経歴について、徹底的に調査しました。

OSRINはどんな人?

まずは、OSRINさんのプロフィールをご紹介!

引用:Twitter

1990年生まれで誕生日は非公開のOSRINさんですが、TwitterやInstagramの情報から9月2日生まれであることが判明しています。

OSRINは大人気の映像作家

引用:Twitter

OSRINさんは現在、売れっ子映像作家として、業界では知らない人はいないと言っても過言ではないのです。

そんなOSRINさんを映像作家として一躍有名にしたのが、2019年に手掛けたKing Gnuの『白目』のミュージックビデオで、YouTubeでは4億回再生という驚異的な再生回数を叩きだし、その名を世に知らしめたのです。

こうして2019年のKing Gnuのミュージックビデオが大反響を呼んだOSRINさんは、映像作家として圧倒的世界観の中に精密な表現を現し、ミュージックビデオの他、CMやファッションフィルムなど幅い分野で活躍しており、最近ではアニメーション作家の土屋萌児さんとミュージシャンの中村佳穂さんとタッグを組み、ポカリスエットWeb動画『スカフィンのうた』も手掛けています。

さらに2023年7月には、米津玄師さんの新曲でFINAL FANTASY XVIのテーマソングでもある『月を見ていた』のミュージックビデオも手掛けており、SNS上では賞賛の声が相次いでいます。

OSRINさんの究極な繊細さと世界観の大きさに脱帽です
1本の映画に匹敵する作品。ありがとうございます。
MVみたときからOSRINさんの世界観っぽいなと思い、クレジットでOSRINの名前を確認して絶叫しました。米津さん×OSRINさん最高

OSRINの本名は?

引用:Twitter

こうして映像作家として一風変わった名前で活躍するOSRINさんですが、本名は何というのでしょうか?

そこで調べてみたところ、この独特なOSRINという名前は本名からきていたのです。

実はOSRINさんの本名は『河内雄倫』と言い、

雄倫から、‟雄(おす)倫(りん)”と名付けた

ことが明らかとなっています。

OSRINの経歴

今では超売れっ子映像作家のOSRINさん。ここではOSRINさんの経歴についてご紹介します。

大学在学中から映像編集にハマる

引用:Twitter

東京で生まれ愛知で育ったOSRINさんは、昔からアートに興味があったようで、名古屋芸術大学のデザイン学科ライフスタイルデザインコースに進学すると、大学3年生の時に初めて映像を作ったことがきっかけで、どんどんと映像編集にハマっていったのです。

「初めて映像の編集をしたのは、大学3年の時。借り物のカメラで撮った映像を使って、時間を戻すこともできるし、音も変えられるし、アテレコを入れたり、字幕を使ったり、目で見ているものもすべて操作できるのが凄いなって。俺の中では魔法でした」。

引用:OCEANS

さらにOSRINさんは学科内で1,2位を争うほど成績が悪く、課題を提出するたびに先生から‟これはなぜ?”、”どうしてこうなったの?”と繰り返し質問される内に、コンセプト力とプレゼン力が身についていったそうです。

「学科内で一、二を競うほど落ちこぼれだった自分は、課題を提出するたびに先生からしつこいくらい『なぜ?』『どうして?』と繰り返し質問をぶつけられました。おかげで、なにかを作る前に、それについて十分に考える基盤が形成されましたね」。

引用:OCEANS

常田大希と出会い、ブレイク

引用:Twitter

そして大学卒業後に上京し、映像制作会社で本格的に映像編集を始めたOSRINさんは、ドキュメンタリーや広告の制作に携わりながら映像制作の勉強を重ねたのです。

そんなOSRINさんはギリギリの生活でも、もの作りには一切の妥協を許さなかったことから次第に周りから厚い信頼を得るようになると、2015年にプロデューサー佐々木集さんがきっかけとなりKing Gnu結成前の常田大希さんと運命の出会いを果たしたのです。

そしてすぐに常田大希さんと意気投合したOSRINさんは、2016年にクリエイティブレーベル『PERIMETRON(ぺリメトロン)』を立ち上げると、翌2017年にKing Gnuの初アルバムとなる『Tokyo Rendez-Vous』のミュージックビデオを手掛けています。

こうして26歳でレーベルを立ち上げたOSRINさんは、20代最後となる2019年にKing Gnuの『白目』のミュージックビデオで脚光を浴びブレイクしたのです。

そんなOSRINさんは以降もKing Gnuの『逆夢』や『カメレオン』などのミュージックビデオを手掛けるほか、『櫻坂46』のジャケット撮影や映画のオファーを受けるなど多方面で大活躍しています。

OSRINの略歴
  • 名古屋芸術大学在学中から映像編集にのめり込む
  • 大学卒業後、映像会社に就職し、本格的に映像制作を学ぶ
  • 2015年:King Gnu結成前の常田大希と出会う
  • 2016年:クリエイティブレーベル『PERIMETRON』を立ち上げ
  • 2017年:初のミュージックビデオとなるKing Gnu『Tokyo Rendez-Vous』を手掛ける
  • 2019年::King Gnu『白目』のミュージックビデオでブレイク

母校で後輩の育成にも尽力

引用:名古屋芸術大学

またOSRINさんは自身の母校である名古屋芸術大学で、特別客員教授として後輩の指導や公演活動を行っており、後輩の育成にも力を注いでいるそうです。

プライベートでは24歳で結婚

引用:MBS毎日放送

またOSRINさんはプライベートでは24歳と早い段階で結婚しており、当時はギリギリの生活だったこともあり、親からは猛反対されたそうです。

そんなOSRINさんは時期については不明ですが子供も授かっており、自分を信じてついてきてくれた家族には感謝しかなく、売れっ子となった現在も家族との約束は決して忘れていないことを明かしています。

大学を卒業後、仕事を探して上京した。24歳で結婚。親に猛反対されるほどギリギリの生活だった。

自分を信じてついてきてくれた家族との約束は、売れっ子監督と呼ばれるようになったいまも、決して忘れてはいない。

引用:MBS毎日放送

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、OSRINさんの本名を含むプロフィールや経歴について、徹底的に調査しました。

大学在学中に映像編集にハマり大学卒業後から本格的に映像制作を学んだOSRINさんは、25歳の時に常田大希さんと運命的な出会いを果たし、2019年に手掛けたKing Gnuの白目でブレイクしたのです。

そんなOSRINさんは売れっ子となった現在も初心を忘れず家族を大切にしながら仕事に精進しており、今後の更なる活躍にも注目です。