スポーツ

大山加奈の双子ベビーカー問題まとめ!バス会社晒しにクレーマーとの指摘も

双子用ベビーカー画像

バレーボール元日本代表選手の大山加奈さんが、都営バスにて双子用ベビーカーの乗車拒否をされたことが問題となっています。

大山加奈さんは、自身のインスタグラムや公式ぶろぐなどで、双子用ベビーカーがバスに乗車拒否をされて涙を流したことを明かしていました。

ネット上ではバス会社の対応に批判的な声が上がる中、一方で大山加奈さんに対する批判も出てきているようです。

今回は、大山加奈さんのベビーカー乗車拒否問題の情報や、ネットの反応をまとめて紹介させていただきます。

大山加奈が双子用ベビーカー乗車拒否問題まとめ

大山加奈さんのベビーカー乗車拒否問題について、発端となったインスタグラムやブログの内容、都の対応などを見ていきましょう。

大山加奈のベビーカー乗車拒否のインスタ・ブログ内容

大山加奈と双子の画像引用:たまひよ

大山加奈さんは、2022年11月7日に自身のインスタグラムと公式ブログを更新。

 

この投稿をInstagramで見る

 

kana Oyama(@kanaoyama0619)がシェアした投稿

ブログでは「バスに乗れなくて泣いた日」というタイトルで、双子を連れたバス乗車についてのお話が綴られました。

  • 双子ベビーカーでのバス利用は一度チャレンジして撃沈した経験があった
  • しかし双子の靴を買うために、悩みに悩んで再度チャレンジをすることに
  • バス停でバスが来るのを待ち、後ろのドアから乗り込もうとしたらドアを開けてもらえずバスは走り去ってしまった
  • 帰ろうかと思ったが一緒に並んでいた方が声をかけてくれたので次のバスをまった
  • 次のバスはドアを開けてくれたが、歩道の段差とバスステップまで大きな溝がありベビーカーで乗り込むのが難しい状況だった
  • 運転手は助けに来ることもなくスルー
  • 乗客の高齢女性が手伝ってくれようとしたが、結局自分でベビーカーを持ち上げてバスに乗り込んだ
  • 目的地に到着したが、再度段差で降りることに苦戦
  • 運転手は再びスルーで、先ほどの高齢女性が手伝ってくれてなんとか降車できた

大山加奈さんオフィシャルブログから抜粋)

インスタグラムの投稿もこちらと同じ内容となっています。

1台目は止まらず通過、2台目は止まったものの乗務員は手助けしてくれず、乗客の助けで乗車できたとのことでした。

悔しさや悲しさ、乗客の優しさが沁みて涙を流しながらショッピングモールへと向かったという大山加奈さん。

「迷惑な存在だと思われたことが やはりとても悲しくて…あのバスが走り去る光景 思い出すとまた涙が出て来ます…」と吐露していました。

東京都が都営バスの対応を謝罪

大山加奈さんの投稿を受けて、ネット上では子連れでのバス利用に関して様々な意見が上がりました。

これを受けて、2022年11月8日、東京都は「一部の対応が不十分だった」と謝罪をしました。

東京都交通局は調査結果を明らかにし、

  • 1台目の乗務員はバス停の看板に隠れ気づかなかったとした
  • 2台目の乗務員はベビーカーを置くために座席をたたむという所定の対応を取らなかった

としました。

東京都は「対応が不十分だった。申し訳ない」と謝罪した上で「手伝いが必要な際は前の扉からお声がけいただくよう周知をはかる」としています。

大山加奈を乗車拒否したバス会社はどこ?

大山加奈さんのブログでは、ベビーカーを乗車拒否したバス会社も明かされていました。

晒すようでちょっと気が引けますが
前回は東急バス
今回は都バスでした。

引用:大山加奈オフィシャルブログ

ブログの冒頭には「一度チャレンジして撃沈した双子ベビーカーでのバス利用。」と綴られている通り、ベビーカーでのバス利用のトラブルは今回で二度目だったようです。

バス会社は、前回は東急バス、今回は都営バスだったとのこと。

前回のトラブルについては、いつなのか、何があったのかは不明ですが、おそらく今回と同じようにバスが止まってくれなかったり、運転手が対応を手伝ってくれなかったなどの問題があったと考えられます。

大山加奈のバス会社晒しに「クレーマー」との指摘も?

大山加奈さんのブログ投稿から、都が謝罪するまでの大事となったベビーカーの乗車拒否問題。

双子育児に奮闘する大山加奈さんのリアルな声に共感する人が多い中、バス会社を晒すような方法に「クレーマー」との指摘もあがっています。

今回の騒動に難色を示している方の声をまとめると、批判の理由は

  • バスの使い方
  • 発信の方法
  • 批判的な声の受け止め方

この3つであることがわかりました。

1台目のバスが来た際に、大山加奈さんは後ろのドアから乗り込もうとして待っていたが、スルーされてしまったとされていますが、都営バスは前乗り中降りのシステムとなっており、中ドアから乗車をしたい場合は前ドアから運転手に声を掛ける必要があります。(都営バスのホームページにもこの方法が推奨されています。)

つまり、双子用ベビーカーだからスルーされたのではなく、中ドアの位置でアクションを起こさなかったために乗車意思がないと判断された可能性が高いということです。

また、有名人でフォロワーの多い大山加奈さんがバス会社の名前を出して晒すような形を取ってしまったことにも、

本当にバス会社のことを思って改善をしてもらいたいなら直接バス会社に言えばいい
SNSで名指しをする必要はないのでは?
「晒す気はない」って言ってるけど晒す気満々の行動

などといった指摘があがっています。

また、大山加奈さんは11月8日にインスタグラムのストーリーで、

「手伝ってもらう前提で行動するなという声が多数きていて… それ以外にも心ないコメントに心がやられそうで SNS開くのも勇気がいる状況ですが…」

と、批判の声が多数来ていることを明かしていいました。

様々な視点からの意見をすべて誹謗中傷扱いしてしまっていることについても、疑問の声があがっている状況です。