芸人・タレント

【パンサー向井の経歴】学歴、プロフィール、家族、女性関係も紹介!

白地に赤いボーダーの服を着て微笑むパンサー向井

パンサー向井さんの経歴と学歴、プロフィール、エピソード、家族、女性関係を紹介します。

パンサー向井の経歴

経歴
  • 2005年:大学在学中に東京NSC11期生で入学し、幼馴染の近藤裕希とお笑いコンビ「あじさい公園」を組む
  • 2008年3月:NSC卒業時に小浜隆次を迎え入れ結成した「ブルースタンダード」を解散
  • 2008年:尾形貴弘さん、菅良太郎さんとパンサー結成
  • 2010年:「333 トリオさん」(テレビ朝日)のレギュラーに決定
  • 2011年:コント番組「パワー✩プリン」(TBS)開始
  • 2013年:冠番組「それゆけ!ゲームパンサー!」(日本テレビ)がスタート
  • 2013年:「笑っていいとも!」(フジテレビ)曜日レギュラーへ
  • 2014年4月:喉ポリープで入院・手術
  • 2015年:吉本興業の男前ランキングで1位に輝く

トリオを組んだ経緯

菅さんに対し最初に尾形さん、数日後に向井さんが各々コンビを組もうと声をかけたといいます。

状況を知った向井さんは気が重くなりました。

NSC入学前に尾形さんの前のコンビのネタを見て、アンケートに罰をつけていたからです。

しかし次いつ相方が見つかるかわからないと思い、パンサー結成を決意しました。

しかし、2014年に向井さんが菅さんへLINEでもう尾形さんとはやりたくないと送っていたこともあったそうです。

パンサー向井の学歴

パンサー向井さんは高学歴です。

小学校から大学までの経歴を見ていきましょう。

名古屋市立白鳥小学校

パンサー向井さんの出身小学校は、名古屋市立白鳥(しろとり)小学校です。

1992年4月に入学し、1998年3月に卒業しました。

小学生の頃から勉強ができ、生徒会長も務めていたそうです。

サッカー部でキャプテンだったといいます。

勉強とスポーツ、生徒会活動を頑張った生徒を表彰する優良児童にも選ばれたそうです。

本人曰く目立ちたがり屋で明るいタイプだったといいます。

小学5年生のときに見たバラエティ番組「めちゃ✕2イケてるッ!」(フジテレビ)を見て、ナインティナインの2人を面白いと同時にかっこいいと思い、自分もこうなりたいと憧れを持つようになりました。

名古屋市立宮中学校

パンサー向井さんは、名古屋市立宮中学校出身です。

1998年4月に入学し、2001年3月に卒業しました。

中学1年生の頃に彼女ができ、3年間付き合ったほど当時からモテています。

また、岡村隆史さんのファンでラジオ番組「ナインティナインのオールナイトニッポン」をよく聞いていたそうです。

録画したバラエティを見てお笑いノートを作り、研究していました。

部活動はしていなかったそうです。

愛知県立瑞陵高等学校

パンサー向井さんは、愛知県立瑞陵高等学校出身です。

2001年4月に入学し、2004年3月に卒業しました。

進学校の普通科へ一般で入っており、学力の高さがわかります。

高校でも部活には入らず、お笑いの研究をしていました。

ダウンタウン松本人志さんの著書を読み、さらに憧れが強くなったといいます。

友人と騒ぐより、1人でお笑いを考える時間が増えたそうです。

他校の友達とコンビを組みM-1甲子園に出場し、スピードワゴンから指導を受けました。

お笑いへの熱意が高まっており、高校卒業後はNSCの入学を考えていましたが3年生の秋に父親から猛反対を受けます。

次のように言われ、受験勉強がスタートしました。

  • 大学は卒業すること
  • 入学できたら4年間は好きにして良い

方法を工夫しながら、休日は12〜13時間勉強していたといいます。

明治大学政治経済学部

パンサーの向井さんは、明治大学政治経済学部へ現役合格し平成20年に卒業しています。

約30校受けて、合格したのが明治大学だったそうです。

箔が付きクイズ番組出演時にある程度勉強した説得力が出るため、入って良かったとインタビューで語っていました。

大学生の頃は、和泉図書館でよくお笑いのネタを書いていたといいます。

同時期に同じ学生として山下智久さんや北川景子さんなど一流の芸能人がいたため、芸人を目指し頑張りたい気持ちが強くなったのだそうです。

大学時代の友達は「成功したら自慢できるから頑張れ」と背中を押してくれる存在で、未だに連絡は取り合うといいます。

パンサー向井のプロフィール

白地に赤いボーダーの服を着て微笑むパンサー向井出典:吉本興業
プロフィール
  • 名前:向井慧(むかい さとし)
  • 生年月日:1985年12月16日
  • 出身地:愛知県名古屋市
  • 血液型:B型
  • 身長:169cm
  • 体重:59kg
  • 担当:お笑いトリオ「パンサー」のツッコミ
  • 立ち位置:真ん中
  • 名前の由来:生まれた1985年はハーレー彗星が話題で、次回接近の2061年まで長生きできるようにという願いが込められてつけられた
  • 趣味:ラジオを聴く、カラオケ、散歩
  • 得意分野:空気を読み、人の個性を際立たせること
  • 所属事務所:吉本興業

パンサー向井の髪

パンサーの向井さんは2023年7月12日自身がパーソナリティを務めるラジオ番組「パンサー向井の#ふらっと」で25年ぶりに美容室で髪を切ったと明かしています。

気分転換をしたかったからだそうです。

美容室へ行く前は、自分で散髪していました。

保育園の頃から仲の良い友達の家が理髪店でお世話になっていたが、小学6年生になりまっすぐにされるもみあげが恥ずかしくなったのだそうです。

しかし中学も高校も一緒だったため、散髪済みかつ店に行かなくなると変えたと思われるのが怖くて自ら切るようになったといいます。

ちなみにパンサーの向井さんはおでこが広く、薄毛を気にしているそうです。

前髪を下ろす髪型を続けているのは、コンプレックスを隠すためなのかもしれません。

パンサー向井は現金派

パンサー向井さんは、現金派だといいます。

クレジットカードは信用できず、お金を使った手応えを感じたいからだそうです。

2024年2月9日放送の「DayDay.」(日本テレビ)で、高級時計購入時は200万円の札束を持っていくと言っていました。

パンサー向井の母

パンサー向井さんの母は悦子さんといい、闘病の末2015年4月にこの世を去っています。

当時向井さんは仕事が忙しい時期で、入院していた名古屋の病院にあまりお見舞いに行けなかったそうです。

しかし食べるのが困難になっても、パンサー向井さんが持って行ったアイスクリームは口にしたといいます。

また出演番組を500〜600枚のDVDに焼いており、病室でずっと見ていてくれたそうです。

パンサー向井さんへの愛情が感じられますね。

地元は長崎県の佐世保市で、2023年12月9日放送のアナザースカイで父親とともに訪れていました。

訪問販売の人が来たときに味噌2年分と約150cm のガンダムなどを購入し、家族から怒られたこともあったそうです。

セールストークも傾聴するほど、優しい人だったのでしょうね。

パンサー向井の父

父親は1949年生まれ名古屋市立大学の名誉教授、農学者の向井清史さんです。

名古屋大学大学院農学研究科修士課程を修了し、名古屋市立大学院経済学研究科教授、副学長(現在は名誉教授)を務めた経歴を持ちます。

専門分野は、農業環境政策/地域計画、非営利経済論でした。

「ポスト福祉国家のサードセクター論 市民的公共圏の担い手としての可能性」という書籍も出版しています。

高校2年生で不登校になったパンサー向井さんですが、お父さんは無理に行かせようとせず見守ったそうです。

その後、再度登校するようになります。

芸人になると告げたとき落語が好きだったため反対はしなかったものの、条件を出しました。

大学卒業と30歳までに目処が立たなければ引退することです。

息子を応援しながらも、けじめはつけさせようとする点が立派ですね。

パンサー向井の女性関係

約10年遠距離恋愛をした彼女がいたといいます。

お相手の素性は明かされていませんが、破局してしまったようです。

高校時代から付き合い始め、2011年時点で約8年以上遠距離恋愛していたのだとか。

しかし、同棲を始めて喧嘩が絶えなくなりお別れしたといいます。

2012年のトークライブで話しており、別れ際は大号泣したそうです。

番組のデート企画で共演したため、モデルの野崎萌香さんとの熱愛疑惑も流れました。

しかし、ツーショット写真はなく噂レベルだったのかもしれません。

その他にも次のように恋愛を匂わす発言をしていますが、スクープはなく2024年時点で独身です。

  • 2018年インタビューで2日前に彼女と別れたと話す
  • 2019年失恋を明かす