芸人・タレント

【R-1グランプリ2024】ファイナリスト9人が決定

4年ぶりに芸歴制限を撤廃して開催され、過去最多の5457名がエントリーした『R-1グランプリ2024』。

2月11日に行われた準決勝で、決勝に進出するファイナリスト9人が決定しています。

そこで今回は、2024年3月9日開催の決勝に見事駒を進めたファイナリスト9人についてまとめました。

『R-1グランプリ2024』決勝進出者9人

引用:Twitter

2024年2月11日の準決勝では、5457人から勝ち抜いた33人が熱き戦いを繰り広げた『R-1グランプリ2024』。

その熱き戦いで見事に決勝に進出したファイナリスト9人をご紹介していきます。

R-1ファイナリスト①どくさいスイッチ企画

準決勝を勝ち抜いて決勝に進出を決めたファイナリスト1人目は、

どくさいスイッチ企画

さんです。

引用:Twitter

どくさいスイッチ企画さんは大阪在住で、普段はサラリーマンとして一般企業に勤める会社員のため、芸能事務所には所属せず‟アマチュア芸人”として活動しています。

ただ‟どくさいスイッチ企画さんはアマチュアと言えどもその実力は折り紙付きで、大阪大学在学時は落語研究会に所属し、大学4年時には『全日本学生落語大賞』で最優秀賞にあたる策伝大賞を受賞しているのです。

さらに‟どくさいスイッチ企画さんは

  • 2013年:『社会人落語日本一決定戦』優勝
  • 2023年:『全日本アマチュア芸人No.1決定戦』優勝
  • 2023年:『新人お笑い尼崎大賞』奨励賞

と、アマチュア芸人のトップ層に躍り出ているのです。

そんな‟どくさいスイッチ企画さんは20年以上の歴史を誇るR-1グランプリで、

史上初となるアマチュアでの決勝進出

を決め、さらに抽選では大トリを引く強運ぶりでも大注目を集めています。

R-1ファイナリスト②寺田寛明

そして決勝に進出を決めたファイナリスト2人目は、

寺田寛明

さんです。

引用:Twitter

寺田寛明さんは芸歴11年目になるマセキ芸能社に所属するお笑いタレントで、2021年から4年連続でR-1グランプリの決勝に進出しています。

小学生の頃からお笑いが好きだった寺田寛明さんは、高校受験失敗がきっかけでお笑い芸人を目指すと、高校の時に初舞台を踏み、2014年にマセキ芸能社預かりになり、2020年から正式に事務所に所属しています。

そんな寺田寛明さんは大学に合格した際、自身が通った塾からアルバイトを持ち掛けられたことで、現在も現役の塾講師をしながら芸人として活動しています。

R-1ファイナリスト③真輝志

そして決勝に進出を決めたファイナリスト3人目は、

真輝志

さんです。

引用:Twitter

真輝志さんは芸歴10年目の吉本興業に所属するお笑いタレントで、2016年から2022年までお笑いコンビ『きんめ鯛』として活躍し、『NHK上方漫才コンテスト』で準優勝を果たすなど今後が多いに期待されていましたが、相方の芸能界引退により解散し、その後はピン芸人として活動しています。

そんな真輝志さんは『R-1グランプリ2024』で初の決勝進出を果たしており、初決勝にてトップバッターを引き当てた強運!?でも話題になっています。

R-1ファイナリスト④kento fukaya

そして決勝に進出を決めたファイナリスト4人目は、

kento fukaya

さんです。

引用:ORICON NEWS

kento fukayaさんは芸歴11年目の吉本興業に所属するお笑いタレントで、NSC卒業後は『パンダンス』や『あまえんB』といったコンビで活動していたこともあるそうです。

そんなkento fukayaさんは2021年から2年連続でR-1グランプリ決勝に進出しており、今回は2年ぶり3回目の出場ということもあり、かなり気合が入っているようです。

またkento fukayaさんは現在、芸人のらぶおじさんと今井らいぱちさんと『らぶらいken』というユニットでも活動しており、この春には東京に進出することも決定しています。

R-1ファイナリスト⑤ルシファー吉岡

そして決勝に進出を決めたファイナリスト5人目は、

ルシファー吉岡

さんです。

引用:Twitter

ルシファー吉岡さんは芸歴16年目のマセキ芸能社に所属するベテラン芸人で、2016年から5年連続でR-1グランプリ決勝に進出している強者で、その後は芸歴制限で3年間出場できなかったため、今年は3年ぶり6回目の出場となるのです。

そんなルシファー吉岡さんは準決勝トップバッターで決勝進出を果たしているため、優勝候補の1人として期待されています。

R-1ファイナリスト⑥街裏ぴんく

そして決勝に進出を決めたファイナリスト6人目は、

街裏ぴんく

さんです。

引用:週刊女性PRIME

コンビでの活動を経て、2007年から現在の芸名で活動する街裏ぴんくさんは、長い下積み時代を得て2014年から現在の事務所に所属すると、2019年のR-1グランプリ準決勝進出を皮切りに、

  • 2019年と2023年:『トゥインクル1グランプリ』優勝
  • 2022年:『Be-1グランプリ2022』優勝

と賞レースで結果を残すようになり、芸歴20年目となる今年2024年に初のR-1グランプリ決勝進出を果たし大注目を集めています。

R-1ファイナリスト⑦トンツカタンお抹茶

そして決勝に進出を決めたファイナリスト7人目は、

トンツカタンお抹茶

さんです。

引用:Twitter

お抹茶さんは2012年結成のお笑いトリオ『トンツカタン』のボケ担当です。

そんなトンツカタンは2016年の『お笑いハーベスト大賞』での優勝を皮切りに、

  • 2019年:『 第5回マイナビ Laughter Nightチャンピオン大会 』マイナビ賞
  • 2021年:『ツギクル芸人グランプリ』決勝進出
  • 2021年・2022年:『NHK新人お笑い大賞』決勝進出

と結果を残し、奇妙な設定のコントで人気を集めています。

こうしてトンツカタンのボケとして活躍するお抹茶さんは、R-1グランプリでは昨年2023年は準決勝で敗退していますが、今年は初の決勝進出を決めています。

R-1ファイナリスト⑧吉住

そして決勝に進出を決めたファイナリスト8人目は、

吉住

さんです。

引用:Twitter

吉住さんと言えばプロダクション人力舎に所属する女性ピン芸人で、2020年の『THE W』で優勝しブレイクすると、現在はテレビドラマに出演し女優としての才能を発揮するほか、短編小説『そそぐ』を書き下ろし小説家としてもデビューしています。

そんな吉住さんはR-1グランプリの決勝は2年ぶり3回目の進出となっており、優勝が多いに期待されています。

R-1ファイナリスト⑨サツマカワRPG

そして決勝に進出を決めたファイナリスト9人目は、

サツマカワRPG

さんです。

引用:Twitter

大学卒業後の2012年からワタナベエンターテインメント所属のピン芸人として活動し、フリーを経て2015年からケイダッシュステージに所属するサツマカワRPGさんは、ブッ飛んだ設定や演技が持ち味で、切れ味鋭いダンスも定評で、近年はピン芸人3人で結成したトリオ『怪奇!YesどんぐりRPG』としても大注目を集めています。

そんなサツマカワRPGさんはR-1グランプリでは、2022年に初の決勝進出を果たし伊達みきおさんからコントが高く評価されると、今年2024年まで3年連続で決勝進出を果たしており、優勝候補として大注目を集めています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、『R-グランプリ2024』決勝に見事駒を進めたファイナリスト9人についてご紹介しました。

ファイナリスト9人のうち4人が初の決勝進出を果たし、今年は史上初のアマチュア芸人も進出ということで大注目を集める『R-1グランプリ2024』。

そんな注目の中、今年のブレイク芸人の座を手に入れるのは誰なのか!?

決勝は2024年3月9日(土)夜6時30分からです!乞うご期待!

https://twitter.com/R1GRANDPRIX/status/1756626763009130740