その他

【三億円事件】の犯人像と真相!犯人は複数犯だった!?

1968年に東京都府中市で起きた『三億円事件』。

未解決のまま時効を迎え、現在も多くの謎に包まれています。

そこで今回は、三億円事件の犯人像や真相について、当時の経緯と併せてまとめました。

『三億円事件』とは

『三億円事件』は、東京都府中市の路上で偽白バイ警官を装った犯人が、約3億円もの現金を積んだ現金輸送車の運転手を巧みな話術で騙して奪い逃走した事件で、正式名称は『現金輸送車強奪事件』ですが、その後の有楽町三億円事件や練馬三億円事件と区別するために、‟府中三億円事件”とも呼ばれています。

戦後最大級の完全犯罪

そんな三億円事件は発生当初、犯人が犯行現場などに120点以上もの遺留品を残していたことから、犯人検挙については楽勝ムードでしたが、盗難品や大量生産されたものばかりだったため、犯人を特定することが出来ず、1975年12月10日に公訴時効が成立しています。

そしてこの『三億円事件』は日本犯罪史において最も有名な事件に数えられ、あたかも演劇の1部であるかのように劇場型犯罪により完全犯罪を遂げたことから、‟戦後最大級の完全犯罪”と呼ばれ、現在の貨幣価値で20億円ともいわれる被害の大きさとなったため、これまでフィクションやノンフィクションを問わず多くの作品に影響を与えています。

死傷者を出さなかったことなどから‟憎しみのない強盗”とも呼ばれる

また『三億円事件』は犯人が2億9430万7500円を乗せた現金輸送車のみを奪い、犯行には武器や暴力を一切使わずに死傷者を一切出さなかったこと、そして奪った約3億円には保険が掛けられており、日本の保険会社により全額が補填されたことなどから、誰一人損失を被った人がいないとして

憎しみのない強盗

とも呼ばれたのです。

ただ実際には、この事件を受けて

  • 警察の事情聴取により自殺した人
  • 捜査の過労で殉職した警察官が2名
  • 捜査費用は7年間で9億円以上

になるなど空前の大捜査となったことから、惜しみない強盗というのには無理があるようです。

『三億円事件』の経緯

白バイを装った犯人に現金輸送車を奪われた『三億円事件』。

しかし事件の始まりは、その4日前だったのです。

事件4日前に‟脅迫状”が届いたのが始まり

引用:文春オンライン

『三億円事件』は実はいきなり厳禁輸送車を襲ったのではなく、事件4日前の1985年12月6日に日本信託銀行の国分寺支店長あてに脅迫状が送られてきたことが始まりだったのです。

その内容は‟翌7日午後5時までに指定の場所に300万円を女性行員に持ってこさせないと、支店長宅を爆破する”というもので、現金を要求するものだったのです。

そして当日はもちろん、銀行員に扮した女性警察官を脅迫状の指示通りに行動させ、現場周辺には警察官を50人ほど張り込みさせましたが、犯人は現れなかったのです。

ただ厳密には、事件があった年の4月以降から、多摩地区では多磨農協に現金を要求したり爆破予告を繰り返すなどの‟脅迫事件”が断続的に起きていることから、半年前から始まっていたと言われています。

偽白バイの巧みな話術により、3億円を強奪される

そんな犯人は日本信託銀行の国分寺支店長あてに脅迫状を送り付けた4日後に犯行に及んでいます。

冷たい雨が降る12月10日午前9時30分頃、東京芝浦電気(現:東芝)府中工場で働く従業員に支給するボーナス2億9430万7500円の現金を乗せた現金輸送車が、日本信託銀行国分寺支店から出発したのです。

そして現金輸送車が府中刑務所裏の学園通りを走行していると、突然後方から警察の白バイ隊員を装った犯人が猛スピードで現金輸送車の前に回り込み停車させたのです。

そこで警察官に‟どうしたのか”と窓を開けて運転手が尋ねると、偽警察官は小金井署の警官だと名乗った上で、

警察を装った犯人
警察を装った犯人
巣鴨警察署からの緊急連絡で、貴方の銀行の巣鴨支店長宅が爆破されました。この輸送車にもダイナマイトが仕掛けられているという連絡があったので、車の中を調べて下さい

と言ったため、昨日の時点ではなかったと運転手は言ったものの、車の下にあるかもしれないと偽警察に言われたため、エンジンを切った状態で運転手は車を降り、犯人は現金輸送車の車体下を調べ始めたのです。

そんな現金輸送車の運転手は4日前に脅迫状が届き爆破予告がきていたことから、まんまと犯人の口車に乗ってしまうと、さらに犯人は車体下で捜索するふりをして発炎筒に火をつけ、

警察を装った犯人
警察を装った犯人
有ったぞ!ダイナマイトだ!爆発するぞ!早く逃げろ!

と叫び、銀行員を車から避難させた上で車に乗り込み、走り去ってしまったのです。

しかも銀行員はこの時、犯人の行動に対し、ダイナマイトによる爆発の危険を回避させようと現金輸送車を移動させたと勘違いし、

銀行員
銀行員
勇敢な白バイ警察官だ

と思ったそうですが、それも束の間で白バイが偽物だと気づくと、ようやく自分達は騙されて強盗にあったことを確信したそうです。

警察を緊急配備するも、用意周到な犯人に逃げられる

そして事件から20分後に東京都全域に緊急配備が敷かれましたが、警察は犯人の自動車乗り換えまで想定していなかったため、犯人を逃がしてしまい当日中の逮捕には至らなかったのです。

その後、事件当日に近隣の住人に目撃されていたことから、犯人は第二現場と呼ばれる武蔵国分寺跡のクヌギ林で濃紺のカローラの乗り換えたことが発覚しており、‟逃走車への乗換”を把握していなかったことも初動の捜査で犯人を検挙できなかった一因であると言われています。

さらに東京都杉並区内の検問所で‟銀色のトランクを積んだ灰色のライトバン”が検問所を強行突破しており、これが最後に目撃された犯人の姿とされるため、犯人はカローラからライトバンに乗り換えて逃走しきったと言われています。

『三億円事件』の犯人像&真相

警察の裏の裏をついて用意周到だった犯人とは、一体どんな人物なのでしょうか?

犯人は複数犯の可能性が大!?

引用:読売新聞オンライン

現金輸送車を乗り捨て、濃色のカローラに乗り換えた三億円事件犯人は、灰色のライトバンに乗り換えた現場に、他にも3台の盗難車

  1. プリンススカイライン2000GT
  2. 日産・ブルーバード
  3. プリンススカイライン1500

が放置されていたことや、脅迫状の『オレタチ』や『我々』から犯人は複数犯の可能性が濃厚だと結論付けられたのです。

さらに社内の遺留品から

  • プリンススカイライン2000GT ⇒ 競馬専門紙2部・スポーツ紙1部
  • プリンススカイライン1500 ⇒ 女性もののイヤリング

が発見されたことから、犯人はギャンブル好きでグループの中には女性が含まれている可能性が高いと言われていたのです。

目撃証言から、犯人は‟長髪の若い男性”

また三億円事件の前後には目撃証言も寄せられており、現金強盗30分前には、日本信託銀行国分寺支店から50メートル離れた空き地で、銀行の出入りを窺う不審なレインコートの男の目撃情報が4件も寄せられており、4人の目撃者の証言から

身長165cm~170cmくらいで、30代くらいの男性

だとされたのです。

さらに事件当日、乱暴な運転の濃紺カローラと接触事故を起こしそうになった国分寺市の造園業者の親子の証言から、車に乗っていたのは1人だけで、

長髪の若い男

であることも明らかとなっています。

三億円事件の犯人①少年S

こうして目撃者が現れるも、初動捜査のミスから犯人検挙に至らない中、事件2日後に国分寺市を管轄する小金井警察署から、

小金井署員
小金井署員
傷害等の検挙歴のある少年がおり、普通自動車と自動二輪(オートバイ)の免許を持っている。父親が交通機動隊員(白バイ隊員)で、白バイにも詳しい。

という注意情報が寄せられたのです。

その少年とは、他にも聞き込みなどから同様の情報が寄せられていた

地元の不良グループ『立川グループ』のメンバー:少年S 19歳

で、恐喝や傷害で何度も逮捕されており、事件3か月前にも少年鑑別所から別の矯正施設に移送される途中に脱走し、その後も国立市内で傷害事件を起こすなど、逮捕状が出ていたのです。

そこで三億円事件の重要参考人として、捜査一家は所轄に手を出さないようにと要請したようですが、周知徹底されておらず立川警察署が逮捕状を持って12月15日に訪問してしまったのです。

しかしこの時、警察機動隊だった父親は仕事で不在で、対応した母親からも‟息子はいません”と言われたため、立川署の刑事らは引き揚げたのですが、その日の深夜に少年Sは青酸カリを飲んで自殺してしまったため、真相は闇に葬られることになってしまったのです。

因みに少年Sが自殺した日、父親と少年が大きな声で争うような物音を近所の人が聞いていることから、当時は父親が青酸カリを飲ませたのではないかとも怪しまれていますが、最終的には‟シロ”と断定されたそうです。

モンタージュ写真とそっくりだった少年S

ただ警察は少年Sの自殺後、‟現金輸送車襲撃計画を仲間と相談していた”という話を当時の恋人から聞いたこと、そして少年が自殺した直後に現金輸送車の銀行員らが少年の顔を面通しをしたところ、犯人とそっくりだと証言したことなどから、当時捜査にあたった刑事は確信を持っていたそうですが、当時の名刑事が少年Sは‟シロ”と断定してしまったため、この段階で少年Sが犯人の線は消えてしまったそうです。

「少年が亡くなった直後、小金井署の捜査員に混じって、特捜本部の刑事たちも彼の部屋に飛び込みました。実はこの時、捜査員に紛れて、現金輸送車の銀行員らも部屋に入り、少年の顔を面通しで確認しているのです。すると、4人とも“よく似ている”と言った」

特に犯人と言葉を交わした運転手は、「体全体のやせ具合がよく似ている。パーセンテージで表すと、95%。眉も生え際が似ており、90%」などと証言していた。

引用:デイリー新潮

因みに当時公開されたモンタージュ写真は、実は事件の1年以上前に亡くなった別の人物の写真で、犯人に似ているという情報から公開されたそうです。

三億円事件の犯人②30代の元警察官含む3人

引用:Amazon

また『三億円事件』の著者である一橋文哉さんよると、犯人は3人組で主犯格は当時、埼玉県川越市在住の元警察官の30代の男性だとされています。

この男性は元警察官でありながら、当事は非行少年らにご飯を奢るなどし、地元暴力団や不良米軍兵士らと親密な関係で、密輸のような仕事をしていたそうです。

そして2人目の共犯者はハーフの男で、立川グループのメンバーで‟ジョー”の愛称で呼ばれ、‟クレイジー・ジョー”の異名を持っていたそうです。

因みにこのジョーは米軍基地にフリーパスで入れる人物だったため、強奪した三億円を米軍基地に運ぶ役目を担ったそうです。

そして3人目の共犯者は、名古屋出身の少年‟ロク”という人物で、車輌窃盗のプロフェッショナルだったためバイクの運転技術が抜群に高ったことから、三億円事件では偽白バイを走らせ、三億円を持ち帰った実行犯を務めたそうです。

3人の事件役割について

  • 三億円事件の企画・立案:川越市の元警察官の男
  • 下準備と現金の保管:クレイジー・ジョー
  • 鮮やかに偽白バイ警官を演じて三億円を持ち帰った実行犯:ロク

因みに犯人の事件後はというと・・・

川越市の元警察官の男とジョーはアメリカ・ロサンゼルスに渡り玩具店の経営を手掛けたそうですが、2年ほどで経営破綻し、その後は宝石の卸しをしていたそうです。

しかしその後、弟分のロクを亡くしたショックから精神的な変調をきたしたジョーは、元警察官の男とも決裂し、単身で麻薬密売などに手を染めたそうですが、その後は精神病院に入院・通院していると言われています。

また元警察官の男は東京近郊でジョーを探した際の痕跡から、FBIから公安に連絡が入り事情聴取を受けたそうですが、聴取を受けただけで逮捕はされなかったとされています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、三億円事件の犯人像や真相について、当時の経緯と併せてご紹介しました。

戦後最大級の完全犯罪と言われ、未だに未解決として多くの謎が残る三億円事件は、真相については不明ですが、最初から警察の決めつけにより初動捜査が遅れたことや捜査のミス、そして犯人についても決めつけや固執してしまったことが、未解決のまま時効を迎えてしまった要因だと考えられます。

そんな三億円事件は長い年月から多くの情報が錯誤しているだけに、事件解決には犯人の自首しかないのかもしれません。

ただ事件からすでに55年が経過しているだけに、犯人が健在なのかすら危ういところです。