歌手・アイドル

【エビ中】私立恵比寿中学の経歴!最近の活動状況も紹介

‟エビ中”の愛称で親しまれ、2022年でメジャーデビュー10周年を迎えた『私立恵比寿中学』。

2024年は絶好調なスタートを切っているようです。

そこで今回は、『私立恵比寿中学』のこれまでの経歴や最近の活動状況についてまとめました。

『私立恵比寿中学』とは

引用:Twitter

『私立恵比寿中学』はスターダストプロモーション所属の女性タレントらで結成したアイドルグループで、‟ももいろクローバーZ”の妹分としてデビュー”しています。

そんな私立恵比寿中学は架空の学校である‟私立恵比寿中学 1年B組”に属し

永遠に中学生

をコンセプトに掲げているため、メンバーが実際に中学校を卒業して高校生になった場合も、

  • 中学4年生
  • 中学5年生
  • 中学6年生

と、‟中学生”として進級する設定になっています。

こうした独自の設定を設けている私立恵比寿中学は、他にも

  • ファンは『ファミリー』
  • ライブは『学芸会』
  • 加入は『転入』
  • 脱退は『転校』

と呼ぶなど、私立恵比寿中学らしい設定が沢山あるのです。

『私立恵比寿中学』の経歴

引用:Twitter

2022年でメジャーデビュー10周年を迎えた『私立恵比寿中学』。

ここでは、私立恵比寿中学の経歴をご紹介します。

インディーズ時代は‟今、会えるサブドル”として注目を集める

2009年8月に当時5人組アイドルグループとして結成された私立恵比寿中学。

結成当初は「キレのないダンスと不安定な歌唱力」をキャッチフレーズにショッピングモールなどでの無料公演を中心に活動していましたが、人気音楽プロデューサーで歌手やタレントとして活躍する‟ヒャダイン”こと前山田健一さんが音楽主任教員に就任したことで、曲に合わせてステージでティッシュをばら撒いたり、レディーガガやキョンシーのようなメイクで踊るなどクセの強いパフォーマンスで、サブカルチャーを好む人達から支持を受け、

今、会えるサブドル(サブカルアイドル)

として、独特なパフォーマンスで人気を集めたのです。

史上最速で‟さいたまスーパーアリーナ単独公演”を開催

メジャーデビュー後は順調なセールスを記録

そして2012年5月に1stシングル『手をつなごう』をリリースしメジャーデビューを果たした私立恵比寿中学は、オリコン週間チャート7位を記録し順調なスタートを切ったのです。

そんな私立恵比寿中学は結成当初は5人組でしたが、その後、幾度となる転校・転入を繰り返し、メジャーデビュー時は9人となっています。

こうして念願のメジャーデビューを果たした私立恵比寿中学は、約1年間で5枚のシングルをリリースしていますが、5枚すべてがオリコンチャートで上位にランクインしています。

1年7か月でスーパーアリーナ単独ライブを開催

さらに私立恵比寿中学は2013年12月8日、メジャーデビューから1年7か月という速さで‟さいたまスーパーアリーナで単独ライブを開催すると、ロックバンド・シドが持つメジャーデビューから2年の記録を5カ月も上回り、

日本人史上最速でさいたまスーパーアリーナ単独公演

という快挙を成し遂げたのです。

メンバーとの別れを乗り越えて、初の1位に

その後はメンバーの転入・転校を経て8人体制となり、2015年1月には『ミュージックステーション』に初出演するなど順調にキャリアを重ねた私立恵比寿中学ですが、2017年2月に誰もが予想していなかった悲劇に見舞われたのです。

なんと2月7日のコンサートを体調不良で欠席していた松野莉奈さんが、翌8日の早朝に‟致死性不整脈”で18歳という若さで急逝したのです。

こうしてメンバーの突然の訃報に、その後の活動が見合わされた私立恵比寿中学は、あまりのショックから一時は‟解散か!?”とまで囁かれましたが、彼女の分まで頑張ろうとして約2か月後に活動を再開したのです。

そんな私立恵比寿中学は活動再開から約1か月後に4thアルバム『エビクラシー』をリリースすると、デビュー以来初となる

オリコンとBillboardの週間アルバムランキングで初登場1位

を獲得したのです。

『私立恵比寿中学』の最近の活動状況

引用:デイリースポーツ

2019年12月リリースの6thアルバム『playlist』で、オリコンとBillboardの週間アルバムランキングで2度目の1位を獲得した私立恵比寿中学は、年末には初の年越しカウントダウンライブを成功させるなど、その後も順調に活動しています。

2022年から新体制10人で再スタート

しかしオーディションでの新メンバー転入やその後の転校などから、2022年12月から新体制の10人で再スタートを切った私立恵比寿中学は、

  • 高学年(20歳オーバー):5人
  • 低学年(20歳以下):5人

と、これまでにない体制から‟非常にバランスの良いグループ”と言われるようになり、毎年開催する春・夏・秋公演をよりパワーアップした内容で成功させたのです。

 

2024年は幸先のいいスタート

2023年は新体制の10人で1年を駆け抜けた私立恵比寿中学は、2024年1月6日と7日に‟ぴあアリーナMMでワンマンライブ『私立恵比寿中学 新春大学芸会2024~高く飛ぶ竜と僕らのその先~』を開催し、

2日間で1万4000人を動員

する大成功を収めています。

そんな私立恵比寿中学は2月28日には、新体制初となるフルアルバム『indigo hour』のリリースが決定しており、

それに先駆けて2月19日からリード曲『TWINKLE WINK』が先行配信リリースされ話題となっています。

今後の目標は‟さいたまスーパーアリーナ”

こうして幸先の良いスタートを切った私立恵比寿中学は、今年2024年はもっと同世代の女の子に聞いてもらえるようなグループに成長したいと言い、今後の最大の目標は

10人一緒にさいたまスーパーアリーナに立つこと

だと明かしています。

エビ中
エビ中
エビ中の今の目標はさいたまスーパーアリーナので、それが何年か後になるかわからないんですが、1つ1つのステージを確実にレベルアップしたものにしたいです

私立恵比寿中学の現在のメンバー10人は以下

  • 真山りか(高学年)

  • 安本彩花(高学年)

  • 星名美怜(高学年)

  • 小林歌穂(高学年)

  • 中山莉子(高学年)

  • 桜木心菜(低学年)

  • 小久保柚乃(低学年)

  • 風見和香(低学年)

  • 桜井えま(低学年)

  • 仲村悠菜(低学年)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、大注目のアイドルグループ『私立恵比寿中学』のこれまでの経歴や最近の活動状況についてご紹介しました。

2009年8月に結成され、インディーズを経て2012年5月にメジャーデビューを果たした私立恵比寿中学は、メンバーの転校・転入は多いもののグループとしての活動は順調そのものので、今年2024年も幸先のいいスタートを切り、間もなく新体制初のアルバムのリリースも控えています。

そんな私立恵比寿中学は10人体制となったことでバランスのいいグループになったと評判で、今後は10人で‟さいたまスーパーアリーナを目標に掲げており、今後の活躍からも目が離せません。